JR札幌駅前の札幌エスタが火事!爆発とその後の異臭の原因は?

JR札幌駅前の商業施設「札幌エスタ」で爆発が起きました。

一体、何が原因で爆発が起きてしまったのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

札幌エスタ爆発事件の概要

29日午後3時5分ごろ、JR札幌駅前の商業施設「札幌エスタ」(札幌市中央区)で爆発音があり、黒煙が上がっていることに駅前交番の警官が気づき、札幌中央署に連絡した。火災やけが人はなかったが、駅前は一時騒然となった。

 同署などによると、この日朝から地下の非常用電源の発電設備を点検していた。設備を起動したところ、爆発音がして煙が出たため、屋上から排煙した。異常燃焼が原因と見られる。エスタは1978年開業で地下2階、地上11階。消防車が17台出動した。
引用:毎日新聞

今の所、けが人はいないそうですね。

それだけでも何よりです。

非常用電源の点検をしたところ、爆発音がしたとのことですがその原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

火事になった札幌エスタの概要


引用:ウィキペディア

施設名 札幌エスタ
用途 商業施設
住所 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2丁目
地図
スポンサーリンク

現場の状況は?

 現場は騒然としていた層ですが、客の避難は行われず、通常通り営業を行っているということです。

黒煙や異臭の原因は?

原因はボイラー室の発電機の異常燃焼と見られているそうです。

上空から白いひらひらしたものが落ちてきたとの報告もあるそうですね。

 JR札幌駅前です。6月29日午後3時すぎエスタの建物から、「爆発音がして黒煙が見える」と消防に通報がありました。

 消防車など緊急車両が北5条通りに詰めかけている状況です。各施設から利用客が大勢出てきて、札幌駅前は騒然となっています。

 29日午後3時ごろ、爆発音と黒煙が上がったと消防に通報がありました。

 爆発音が上がったとされるエスタの各フロアに消防が入り調査を行っていますが、午後3時50分現在、火災現象は確認されていません。けがをした人もいません。

 先ほどまで消防のヘリコプターが赤外線を使って監視をしていましたが、火災現象は確認されなかったということです。

 一方、地下3階にある発電機で異常な音を聞いたということで確認を行っていました。

 午前9時からエスタ地下3階で非常用発電機の点検を行っており、それを動かしたところ爆発音と黒煙が上がったということです。

 消防では、ボイラー室の発電機の異常燃焼とみて、原因を調べています。

 現場は騒然としていますが、客の避難は行われず、通常通り営業を行っているということです。
引用:uhb.jp

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク