害鳥?被害状況は?ワカケホンセイインコ、東京や神奈川で大量発生の原因。

東京や神奈川県で野生のインコが大量発生しているそうです。

大量発生したのは「ワカケホンセイインコ」という外来種。

放置しておくと被害が拡大する可能性が?


スポンサーリンク

事件概要

東京や神奈川でインコが大量発生。住民が困惑しています。目撃情報が相次いでいるこのインコは、「ワカケホンセイインコ」という外来種。元々は、インドやスリランカに生息していますが、ペットとして飼われていたインコが野生化したのです。

とある公園の敷地内の木…そこはインコの寝床になっています。昼は十数羽で移動していますが、日が落ちると徐々に集まり始め、1000羽を超える大群に。ここ2か月で住み着いてしまったということですが、付近の住民はインコの鳴き声に困っているそうです。

鳴き声が大きく、気性が荒いワカケホンセイインコ。寿命は20年から30年と長いこともあり、ここまで繁殖したのです。

住宅地の電線や学校のネットにも…このインコは、片足で木の実をつかみ、むしゃむしゃ食べていますが、ワカケホンセイインコは甘い果実を好みます。そのため、インドやスリランカでは農業被害も発生し、害鳥として扱われています。

大群をつくるワカケホンセイインコ。作物はもちろん、在来種への影響や病気など、人への影響はないのかと、現在、鳥類保護連盟が調査しています。

引用:日テレ

「ワカケホンセイインコ」による被害状況は?


引用:日テレ

現在の被害状況は近隣住民から寄せられる「鳴き声がうるさい」というものだけです。

しかし、ニュースの中で言われているように「ワカケホンセイインコ」は気性が荒いということもあります。

小さな鳥とはいえ、在来種に影響が出ないとも言えません。

また原産国のインドやスリランカでは農業被害から「害鳥」とされていることから、日本の農家への被害が出ることも考えられるでしょう。

スポンサーリンク

「ワカケホンセイインコ」の詳細


左:オス(首輪がある) 右:メス(首輪がない)
※若い個体はオスでも首輪がなく、メスでも首輪があるものもいる。
引用:日本鳥類保護連盟

基本情報
和名 ワカケホンセイインコ
分類群 鳥綱 インコ目 インコ科
(Psittacidae, Psittaciformes, Aves)
学名 Psittacula krameri manillensis
英名等 Ring-necked parakeet
自然分布 インド,パキスタン,スリランカ
形態 全長約40cm.尾が長く,全身黄緑色で,雌雄ともに目の周囲にオレンジ色の縁どりがある.嘴は上部が赤色,下部は赤みがかった黒色.雄は喉の下から頬の下部まで黒帯が続く.
生息環境 公園の樹木,人家の庭木,大木が残る神社・寺.
繁殖生態 高さ20m以上のケヤキの樹洞に営巣することが多い.
産仔数:1回に3~4卵
繁殖期:繁殖期は4~5月と7~8月
生態的特性 日中は1つがいあるいは小群で行動し,夜間は集団ねぐらをとる.集団ねぐらにはダルマインコ,オオホンセイインコが含まれることがある.
食性:樹木の冬芽・葉・果実・花,多肉植物,脂身
スポンサーリンク

ネットの反応


スポンサーリンク