Smart Trendy

最新トレンドをお届けするWEBマガジン

ニュース

京大教授・野中泰二郎さんがバスにはねられ死亡 何の研究者だった?山口美明容疑者を逮捕!

2019年4月9日、京都で横断歩道を渡っていた野中泰二郎さん(82)がバスに轢かれ死亡しました。

この事故で、運転手の山口美明容疑者(44)が現行犯逮捕されました。

今回は、亡くなられた野中泰二郎・京大名誉教授の研究や経歴、業績を調査しました。

事故の概要

2019年4月9日、京都の交差点で野中泰二郎さん(82)が観光バスに轢かれ、病院に搬送されましたが間もなく死亡が確認されました。

事故の詳細はこちら▼

9日午後2時半ごろ、京都市左京区聖護院山王町の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた京都大名誉教授の野中泰二郎さん(82)=同市伏見区醍醐古道町=が左折してきた観光バスにひかれた。

野中さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡した。

京都府警川端署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、バスの運転手山口美明容疑者(44)=東京都八王子市寺町=を現行犯逮捕。「バスでまたいだのは間違いないが、人とは認識していない。タイヤで踏んだかどうかは分からない」と容疑を否認している。同署は容疑を致死に切り替え、調べる。

同署によると、事故発生後、山口容疑者が「人が動いていない。現場に車が数台あるが、どれが関係車両か分からない」と自ら110番した。バス左側の前輪と後輪に血痕が付着していたため、逮捕した。
引用:JIJI.COM

山口美明容疑者の通報で、警察が駆け付けたようですね。

山口美明容疑者は、どれが関係車両かわからないと通報したようですが、しらばっくれるつもりだったのでしょうか。

どのような状況で事故が起きたのかはわかりませんが、山口美明容疑者もバスでまたいだことは認識していたようなので、今後の警察の対応はどうなるのでしょうか?

 

 

山口美明容疑者の顔画像

現在、山口美明容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

公開されている情報をまとめました▼

名前 山口美明(やまぐち ともみ)
年齢 44歳
住所 東京都八王子市寺町
職業 観光バスの運転手
容疑 過失運転致死

観光バスで事故を起こしたということですが、観光客は乗車していたのでしょうか?

事故当時に客が乗車していたのかは公開されていませんが、運転手の住所が東京だったので、東京から京都に行く観光バスを運転していたのではないかと考えられます。

また、勤めていたバス運行会社なども公開されていませんでした。

過失運転致死となってくると、懲役や免許取り消しなどで、職場復帰がかなり厳しくなると考えられます。

 

 

事故現場の交差点はどこ?

事故現場となった交差点は、「京都市左京区聖護院山王町」の交差点のようです。

事故現場の画像も公開されていないので、何とも言えませんが以下の地図のあたりのようです。

 

片側2車線の交通量の多そうな道路になっていました。

ストリートビューには、観光バスが写っており観光ルートになっているようです。

野中泰二郎さんは、左折してきた観光バスに巻き込まれたようです。

原因としてはバスの信号無視などが考えられますが、詳しい原因については警察が調査中です。

 

 

野中泰二郎教授は何の研究者?

今回、亡くなられた野中泰二郎教授は京都大学の名誉教授だったようで、どんな研究をしていたのでしょうか?

科研のサイトでは紹介されていた情報をまとめました▼

引用:北京理工大学

名前 野中泰二郎(のなか たいじろう)
年齢 82歳
住所 京都市伏見区醍醐古道町
職業 京都大名誉教授

研究分野は、建築構造・材料となっていました。

現在行っていて、科研に登録されていた研究課題としては、「直下地震による構造物の衝撃的破壊に関する研究」や「鋼の材料特性のばらつきによる鋼構造部材性能の変動の定量化」といった研究がありました。

地震なのどの振動に対して、耐久性のある建物を建てるための構造や建築材料などの研究を行われていたようです。

 

 

ネットの反応

今回の残念な事故にネットでは様々なコメントが寄せられていました。

左折時での横断歩道進入時は最徐行が普通だと思うけど、スピードを緩めず左右確認もせず、あまつさえ何かに乗り上げたが人とは認識してないって、、、、この人の普段の運転があおり運転に近いのが伝わってくる。

なぜ会社名を隠しているのかが不思議。事実は事実。会社の責任でもある。

だから大型車は乗らない事にした。 事故のリスクが高すぎる。

バスでまたいだのは間違いない?
ひいたと言う以前に、この教授は横断歩道に倒れていたのか?
教授といっても82歳の高齢者、どんな状況だったんだろうね。
ひいたバスの運転手も運転はベテランのはず。
踏んだのは間違いないだろうが、状況をきちんと把握して欲しい。

 

 

まとめ

今回、京都で横断歩道を渡っていた野中泰二郎さん(82)がバスに轢かれ死亡した事件を調査しました。

亡くなられた野中泰二郎さんのご冥福をお祈りいたします。