歌手・西城秀樹が急性心不全で死去。その原因は?周りの芸能人の反応まとめ。

代表曲「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」で一世を風靡した歌手、西城秀樹さんが5月16日午後11時53分、横浜市内の病院で急性心不全のため死去しました。63歳でした。

スポンサーリンク

西城秀樹さんのプロフィール

1955,04,13 広島県広島市に生まれる
1972,03,25 シングル「恋する季節」で歌手デビュー。オリコン42位を獲得。
 1973,09,24 シングル「ちぎれた愛」がオリコン1位(47.5万枚)を獲得。
1974,08,03 シングル「傷だらけのローラ」で2年連続となる「日本レコード大賞」歌唱賞を獲得。
1979,02,21 シングル「YOUNG MAN」が80,8万枚の大ヒット(年間シングルチャート7位)。
1979,04,05 テレビ番組 ザ・ベストテンにて満点の「9999点」を獲得。歴代最高得点として認定される。
2003,06,21 ディナーショーに訪れた韓国で脳梗塞を発症。
2011,12,20頃 脳梗塞再発。東京都内の病院で入院治療に入る。
2018,05,16 横浜市内の病院にて急性心不全のため死去。
スポンサーリンク

急性心不全はどんな病気?

西条さんの死亡原因である急性心不全。全身に血液を送り出すポンプの役割を担う「心臓」の動きが急激に低下 し、死に至る病気です。

心不全には慢性心不全と急性心不全の2種類があり、ほぼすべての人は慢性心不全になるようですが、今回の西条さんは珍しいケースとなってしまいました。

亡くなってしまった原因は?

65歳以上に多い病気とされていますが、初期症状が息切れ・だるい・体重増加などと、病気の影響か、高齢の影響なのか判断しづらいので、未然に防ぐことが難しい病気と言われています。

今回の西条さんも63歳ということで初期症状に気付くことが出来なかったのでは?と言われています。

スポンサーリンク

周りの芸能人の反応

野口五郎さん

西城秀樹さんと同時期にデビューし、西城秀樹さん・郷ひろみさんと並ぶ「新御三家」と呼ばれた野口五郎さんはこのような声明を発表しました。

あまりにも突然で、今はことばが見つかりません。気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい。
引用:NHK

郷ひろみさん

西城秀樹さん、野口五郎さんと同じく「新御三家」と呼ばれ、昭和の音楽界を牽引した郷ひろみさんもこのようにコメント。

同世代としてとても残念です。僕の中で長男は五郎、次男は秀樹、末っ子が僕でした。秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです。デビュー当時、右も左もわからなかった僕に、『ひろみ、何かわからないことがあったらオレに聞いてくれ』と親身になってくれたことを一生忘れません。心からお悔やみ申し上げます。
引用:NHK

スポンサーリンク

布袋寅泰さん

ギタリストの布袋寅泰さんもTwitterでこのような声明を発表しました。

ご冥福をお祈りします。御三家時代のころ毎日テレビでみていました。一番ロックを感じる人でした。
引用:NHK

川崎麻世さん

川崎麻世

出典;livedoor NEWS

俳優・歌手である川崎麻世さんもTwitterでこのように発言。

憧れの西城秀樹さんが亡くなられた。俺が13時の時に番組で秀樹さんのモノマネをしてジャニーズにスカウトされ芸能界入りした。初めて帝国劇場で秀樹さんに会い感動のあまりサインをして頂いたら、ジャニーさんに同業者にサインを求めてはだめだと叱られた。秀樹さん、ご冥福をお祈り致します。
引用:Twitter

心よりお悔やみ申し上げます。