【辞任】mixiの森田仁基社長がジャニーズ通信の件で書類送検

6月22日株式会社ミクシィの森田仁基社長が子会社であるフンザが運営していたサイトが商標法に違反しているとして書類送検され、社長と取締役を辞任しました。そのことについて紹介していきます。

スポンサーリンク

事件概要

書類送検を受けたのは子会社である株式会社フンザはチケットキャンプの運営会社で2015年の3月にミクシィが完全買収した会社です。チケットキャンプといえば小島瑠璃子がCMをするなど一気に知名度上げましたが商標法違反で閉鎖されました。

森田氏は子会社・フンザの社長も兼任。兵庫県警は22日、フンザが提供していたジャニーズ情報サイト「ジャニーズ通信」が、ジャニーズ事務所の商標権を侵害していたとして、森田氏3人と法人としてのフンザを、商標法違反の容疑で書類送検した。
引用:http://www.itmedia.co.jp

森田社長は「 商標権違反の認識はない 」とコメントしています。

今回の事件を受け森田社長はミクシィの社長の辞任を早めました。

ジャニーズと森田社長の関係は?

ジャニーズと森田社長の経営する株式会社フンザはチケットキャンプの事件からあまり関係は良くないようです。

というのもチケットキャンプでのジャニーズのチケット高騰を煽るかのようにジャニーズの許可なジャニーズ応援キャンペーンと題しバナーなど無断使用し商標権を侵害し商標権違反の疑いで捜査が入り閉鎖に追い込まれました。

フンザはチケットキャンプ内でアーティストやコンサートの情報をまとめたライブフリークも運営していた。

そこでのノウハウを活かし、ジャニーズ通信や宝塚歌劇倶楽部、EXILE通信などのサイトをオープンさせていきました。

その中で今回、またジャニーズ通信がジャニーズの商標権違反としてジャニーズ側から訴えられ書類送検という形になりました。

ジャニーズは徹底的にミクシィと戦うつもりではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

辞任理由

辞任理由は「 経営を円滑にするため 」と2月の株主総会で発表しておりおそらく書類送検は決まっていたのかもしれません。6月末での辞任予定となっていたが書類送検が予定より早まったことで辞任時期も早まった可能性が高いです。

森田社長はどんな人?

名前 森田仁基(もりたひろき)
年齢 42歳
出身大学 中央大学
元職場 株式会社フォンファン
趣味 ゴルフ
特技 あだ名をつけること
休日の過ごし方 子供と遊ぶ
好きな食べ物 焼き肉
座右の銘 謙虚にして奢らず
尊敬できる人  シュウ(北斗の拳)

大学は5年間通い、就活せずにスポーツ用品店でアルバイトをしていたそうです。その後は派遣社員としてゲーム開発を8年位していたようです。

 

スポンサーリンク

 

株式会社フンザはどんな会社?

チケットキャンプやオタキャンプなどチケット売買のサイトなどを運営している会社です。

資本金 33,975,000円
売上高 56億7000万円
(2017年3月期)
純利益 15億7100万円
(2017年3月期)
純資産 15億8200万円
(2017年3月期)
総資産 67億7,200万円
(2017年3月期)
従業員数 52名(契約社員・アルバイト含む、2017年9月現在)


現在はホームページは閲覧できますが問い合わせのみのページしかございません。
株式会社フンザの会社概要をまとめてみました。

売上などを見るとチケットキャンプのときの売上よりはだいぶ下がりましたが純利益で15億もでているのでかなり儲かっている会社だと思います。

売上で見ると56億を52人で上げているわけですから一人あたりの売上は1億だということがわかります。

オフィス住所

東京都渋谷区東一丁目2-20住友不動産渋谷ファーストタワー7F

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

 

 

  • モンストは大丈夫?
  •  いまやモンストの会社ですが、モンストがこけたらおしまいだからね
    FGOみたいに熱狂的なファンが地盤を支えているコンテンツではないから、いつ寂れてもおかしくないと思う
    引用:https://headlines.yahoo.co.jp

mixiは今は使ってない人が多くモンストのイメージが強いみたいですね。

Twitterでは松居一代と書類送検の日が一緒ということが多くツイートされていました。