病気の赤ちゃんをメルカリで出品した理由に批判殺到…誰の仕業なのか?

スマホの大人気フリマアプリ「メルカリ」で、

病気の赤ちゃんが1,000円で出品されており、インターネット上で大変な話題となっています。

スポンサーリンク




出品したのは母親!?

その赤ちゃんを出品したのは母親を装った人物とみられ、

「赤ちゃん欲しかったけど病気になっちゃったからいらない」

と投稿。この出品を見つけたユーザーがTwitterに投稿したことで、

多くの人の目に触れることとなり、出品者に対して「ひどい」「信じられない」などと

非難が集中し、炎上しています。

その出品された様子がこちら!

出典;http://bazzoo.info/archives/58162?readmore

この赤ちゃんについて、出品の説明欄には以下のように記載されていました。

赤ちゃん欲しかったんだけど~
病気になっちゃったからいらなーい|;・`ω・)ノ⌒゛
誰か買ってあげて♡
病気だから死んじゃうかも?笑笑
まあそこは頑張って~
安く売るよ!!
コメしてね~
死ぬ前に買ってね♡
赤ちゃん待ってるよ♡

カテゴリー:その他 > その他
商品の状態:全体的に状態が悪い
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:未定
発送元の地域:栃木県
発送までの日数:2~3日で発送

ネタなのは間違いないとみられますが、ネタだとしても最低ですよね

投稿主は人の命をどう考えているのでしょうか。

なお現在は、メルカリで検索してみても該当のページがHITしないことから、既に出品は取り下げられた・または運営に削除されるなどの対応が取られた可能性が高いものと考えられます。

この赤ちゃんの出品はいたずら!?

ネットで調べた結果、出品ページに掲載されていた赤ちゃんの画像は、

滋賀県大津市にある「大津赤十字病院新生児科」のホームページからダウンロードされたものと考えられました。

出典;http://bazzoo.info/archives/58162?readmore

この子の母親が本気で赤ちゃんを出品し、あくまでもイメージとして

上記ページの画像を使用したという可能性もゼロではないと考えられますが、

イタズラによる出品である可能性が非常に高いとみられます。

さすがに病気だからと言って、本気で自分の子供をネットで売却しようとする親はこの世にはいないと思います。

ただ、自分で産んだ子供が重い病気であった場合、非常にショックですし、

気が動転してしまうこともあるのではないでしょうか。

子供を産むということは、決して簡単なことではありませんね。

スポンサーリンク




その他のメルカリに出品された炎上出品!

姉の耳

この出品は一時期だいぶ話題になっていたのでご存知の方も多いのかもしれません。

「姉の右耳です」という説明欄のコメントとともに、顔面から剥ぎ取った状態の耳が出品される事件がありました。

あえて画像を掲載することはしませんが、剥ぎ取った耳には髪の毛や血が付着しており、

かなりグロテスクな画像だったのを覚えています。

その後の調査で、問題となっている耳の画像は特殊メイクなどを行っている西村映造さんのブログから盗用した画像ということが判明したのですが、初めて見たときのインパクトは中々のものでした。

うちの息子

出典;http://lightrend.com/heavy/post-12609/

この出品は、今回の赤ちゃん出品と似たような状況ですね。

この出品の説明欄に商品の状態を「全体的に状態が悪い」としている点も、今回の事件と共通しています。

恐らく冗談のつもりでの出品だったとは思いますが、見ていて気分のよいものではありませんね。

該当ページは即削除されたため、その後どのように事態が推移したのかは不明です。

PS4の写真(本体ではない)

PS4本体ではなく、PS4の画像を掲載し、その写真だけを2万円で販売した事件ですね。
これは一種の詐欺ですね。

この事例では、商品説明の中で「1枚限りの写真です」と書かれてはいましたが、商品カテゴリがゲームとなっていたり、

落札希望者とのやり取りで写真であることに触れずにやり取りをしていたりと、

購入者が勘違いすることを狙って作られた商品ページでした。

騙そうという悪意を持って出品されたことは間違いないでしょう。

なお、類似パターンとして、iPhoneの箱だけ出品などもありますので、

メルカリに限らずフリマアプリやネットオークションを利用される方はご注意ください。

ネットの反応

◇赤ちゃん1000円とか最初吹いたwww

◇最低だな。

◇これでネットが荒れたら本人は嬉しいのか?

◇痛い奴だな。

今回の事件では、出品された赤ちゃんの人権を侵害しているとも考えられます。

ネットで不快な思いをさせる人は本当にいなくなってほしいものですね。

スポンサーリンク