ゲーム障害をWHOが疾病認定。ゲーム障害とは!?プロゲーマーは?

WHOが18日オンラインゲームのやりすぎなどで生活困難になることをゲーム障害として疾病認定しました。

ゲーム障害とは?

ゲーム障害は依存症に近い症状で定義としてWHOは以下のように定義しています。

ゲームプレイに関連する健康上の懸念はゲーム障害だけにとどまらず、健康のほかの側面(例えば、運動不足、不健康な食生活、視力や聴力の問題、筋骨格の問題、睡眠不足、攻撃的な行動、うつ病など)や心理社会的機能も含む。

引用:https://japan.cnet.com

ゲーム障害の兆候

ゲーム障害の可能性を含む兆候は3つあるそうです。

  • ゲームをすることへの抑止力の欠如(開始、頻度、熱中度、継続時間、終了、環境、など)
  • ゲームの優先度が、他の生活上の興味や日々の活動を上回る。
  • 悪影響が見られるにもかかわらずゲームへの没頭が継続あるいは激化する。
    引用:https://jp.techcrunch.com

プロゲーマーはゲーム障害!?

ゲームで収入を得ているプロのゲーマーはみなゲーム障害になるのか気になるのとおもいますが

結論からいうとならないだろうと言われています。

WHOの定義によるゲーム障害の有病率は「極めて低い」と同機構は指摘する。WHO委員のVladimir Poznyak博士は CNNのインタビューに答えて、「世界数千万人のゲーマーは、たとえ激しくゲームに没頭している人であっても、ゲーム障害患者として認定されることはないだろう」
引用:https://jp.techcrunch.com

 

まだ認定はされましたが障害として認められる人はそう多くはないと思われます。

認定の定義が分かりづらいため判断がまだ難しいと思われます。

ネットの声

 

 

ゲーム障害に対しては反発の意見は面白半分に自分をゲーム障害として言っている人や周りはみんなゲーム障害だと言うようなツイートが見受けられますが今後のWHOの説明や認定者が出てきたときにまた加筆します。