品川駅で女性を盗撮した杉並警察署の刑事は誰?名前が公表されない理由は?

2018年7月12日の夜、警視庁・杉並警察署の20代の刑事の男が東京のJR品川駅で女性の下半身を盗撮したとして現行犯逮捕されたことが分かりました。

今回はその盗撮した刑事の男性の情報とその名前が公表されない理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

事件の概要

東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、警視庁・杉並警察署の20代の刑事で巡査部長の男です。
巡査部長は12日午後10時すぎ、JR品川駅の山手線のホームから改札口に上がる階段で女性の下半身をスマートフォンのカメラで盗撮した疑いが持たれています。
出典;TBS NEWS

犯罪をした人を取り締まるはずの警察官が犯罪を犯してしまうのはいけませんよね。

今回の事件はかなり話題性が大きい事件になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

女性を盗撮した刑事の男は誰?

では今回逮捕をされた杉並警察署の20代の刑事は誰なのでしょうか。

こちらの情報まだネットに公開されておらず、具体的な名前や年齢は公表されていないですが、20代の刑事で巡査部長の男ということは分かっているようです。

20代で巡査部長になっているということは相当優秀な刑事だった可能性もありますね。

被害者のことを考えると、とても心が痛い事件ですね。

スポンサーリンク

名前や顔が公表されない理由は?

では今回逮捕された刑事の名前や顔が公表されない理由は何なのでしょうか。

こちらで調査したところ、プライバシーの保護の目的があるようです。

ただネットの意見では、警察とマスゴミがグルではないかという意見もありました。

この内容に関しては、以下のサイトで紹介をしているので、気になる方は見ていただければと思います。

そのサイトはこちら

スポンサーリンク

事件の現場の様子

今回事件が起きたのは、JR品川駅の中で起きたようですが、その様子はどうだったのでしょうか。

記者によると、

 「女性は気づかずに、そのまま立ち去りましたが、犯行を目撃していた40代の会社員の男性が巡査部長を取り押さえたということです」
出典;TBS NEWS


もしこの40代の会社員の方が取り押さえてなければ、女性は気づかずに刑事の男は捕まっていなかったでしょうね。

その場合、盗撮を繰り返してしまうことやより大きな性犯罪に繋がってしまう可能性もあったので、40代の会社員の方は素晴らしい活躍ですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の話題性の大きい事件に対してはネットでも様々な意見が集まっていました。

・もう警察不祥事、お腹いっぱい。容疑認めてるのに、名前が出ない不思議な世界。
・退職金も出してあげる、温情の依願退職かな?
・最近多すぎて、あまりびっくりしない。依願退職かなぁ
・この手の事件は警察官が多いよね、ちゃんと名前だして欲しいわ。
・しっかり襟を正してもらわないと何を信じれば良いのかわからない
・普通のニュースに感じる
・ダメだこりゃ。
出典;Yahoo!ニュース

このような事件は1つでも減ってもらいたいですね。