乳がんを患った北斗晶の家庭は借金まみれだった!その衝撃的な理由とは?

おしどり夫婦として有名な佐々木健介北斗晶夫婦。

2015年には妻の北斗さんが乳がんを患い、闘病生活を送っていました。

そんな2人には多大な借金があったそうです。その理由とは‥?

スポンサーリンク




2015年9月に北斗晶が乳がんを告白!

元女子プロレスラーの北斗晶さんは、乳がんであることを2015年9月に公表し、

世間からは心配する声が集まりました。

北斗さんは乳がんであることをブログで公表した翌日に、右の乳房を全摘出したそうです。

出典;https://matome.naver.jp/odai/2147039976516028801

当時のブログでは、このように綴っていました。

いつも 北斗晶ブログを見てくださり有難うございます!今日は、皆さんにお話ししなくてはならない事があります。長いブログになってしまいますが、最後まで読んでいただければ幸いです。

私は今、病院のベッドに居ます。

昨日の夕方の生放送を最後に、本格的な闘病生活に入る事になりました。

病名は…乳がんです。

乳癌でも最悪な右の乳房を全摘出しなければならなくなりました。明日の朝、右乳房全摘出手術を受けます。

抗がん剤治療スタート→坊主へ!

出典;http://bazzoo.info/archives/58355?readmore

北斗さんは摘出手術をした後、抗がん剤治療のため入退院を繰り返しました。

合計9回に及ぶ投薬の副作用で髪の毛がどんどん抜け落ち、味覚障害や身体のだるさ、強い吐き気にも見舞われたそうです。

さらに髪の毛を抜くクセも出てきてしまったので、「いっそ深く剃っちゃえ!」と坊主を決意し、話題となりました。

そんな中、夫の佐々木健介さんが多大な借金を告白!

北斗さんの夫であるプロレスラーの佐々木健介さんが週刊文春の取材の中で、奥様の北斗さんの治療費やベッド代のために借金をし、生活が苦しくなっていることを告白しました。

取材の中ではこのように述べていました。

「がん保険に入っていたので助かっていますが、まだ借金もあります。『僕みたいな人間ですけど、使っていただけるのであれば一生懸命やります』と頭を下げて仕事をお願いしています」

北斗さんと同じステージⅡb期の乳がんでは、入院や手術で約30万円(3割負担)となり、保険適用外となる差額ベッド代が1日1~3万円はかかるという。

他にも抗がん剤治療に20~30万円程度(3割負担)、放射線治療やホルモン治療などのお金がかかり、乳がんの治療費は、総額200万円近くかかることもあるそうだ。

佐々木健介さんはこの状況を、

「本当に長い戦いです」

としみじみ語っていました。

奥様の為にという気持ちが、よく伝わってきますね。

スポンサーリンク




北斗晶・佐々木健介夫婦の現在!

北斗さんは過酷な抗がん剤治療を経て、昨年(2016年)の11月、1年2か月ぶりに、芸能活動に復帰しました。

出典;http://bazzoo.info/archives/58355?readmore

乳がんはリンパ節にも転移していたのにもかかわらず、副作用に耐え、復帰した姿は多くの方々に勇気を与えました。

夫の佐々木健介さんだけでなく、家族全体、ファンの方々の思いが届いたのでしょうね。

現在は再発防止のために、ホルモン治療をされているそうです。

北斗さんのように心身ともに強い人ほど、闘病の闇に呑まれやすいので、頑張りすぎないようにしてほしいですね。

ネットの反応

◆北斗晶はよく頑張ったよ!

◆鬼嫁だって、がんには勝てないな。

◆佐々木健介さんの献身的な姿には感動した。

◆家族愛があって復帰することが出来たんだね!

奥さんが「がん」という大きな病を患ったのにもかかわらず、復帰できたのは家族の力が大きいのでしょうね。

今後のご活躍をお祈りします。

スポンサーリンク




関連記事

乙武洋匡の衝撃の子作り方法が判明…過去の愛人が大暴露!

テレビで見なくなったあやや!現在の姿が悲惨だった…。