乙武洋匡の衝撃の子作り方法が判明…過去の愛人が大暴露!

昨年の2016年に不倫騒動で世間をお騒がせた乙武洋匡さん。

この不倫と同時に乙武さんの子作り方法が大きな話題になりました。

なんと過去の愛人が乙武さんとの行為を赤裸々に語っていました。

スポンサーリンク




過去の愛人が子作り方法を暴露!

乙武洋匡さんといえば、「五体不満足」の著者として有名な方です。

昨年2016年の不倫の発覚には、たくさんの批判が乙武さんに浴びせられましたが、

手足のない障害を持っていながら、3人のお子さんの父親であり、愛人が存在していた事実は、

障害者の方たちに勇気を与えたという意見もたくさんありました。

そして、それと同時に大きな話題になったのが乙武さんの子作り方法です!

手足が無い状態でどのように行うのか、気になった方も多いのではないでしょうか。

そんな乙武さんの子作り方法を過去の愛人が暴露していました!

その愛人はいわく、

乙武洋匡さんは凄くモテるんです。
今でも彼の事を尊敬しています。

たしかに頭も良く、会話も上手な乙武さんはテレビでも人気者ですもんね。

そしてその愛人は子作り方法について、

(子作りの方法は)私が乙武洋匡さんを布団に寝かせてしっかりと固定して…といったやり方です。

乙武さんが下で、女性の方が上になって子作りを行っていたのですね。

乙武さんには常人には真似できない超絶テクがあった!

先ほどの子作り方法だけでは、女性の方が満足感を得られるのかどうか微妙ですよね。

スポンサーリンク

実は乙武さんには、常人には真似できないテクニックを持っていました。

出典;http://rikiriki10.ti-da.net/e3044316.html

他の愛人の女性いわく、

「うーん、一番っていったらやっぱり乙武くんかな。あの腕でされるのは最高なんだよね」
手でもなくアレでもない太さが、絶妙なのです。
それに、常にずっと固い状態をキープしていられるので、
どんなに時間がかかってもやり続けることができるのです」

まさかあの腕を使うとは…意外過ぎて驚きました。

 乙武さんは手足がないので、夜は全部女性任せなんじゃないかと噂されて言われていましたが勘違いだったようです。

 乙武氏にしかできない方法でちゃんと女性を満足させていましたね。

 ただこの証言から推測するに、行為自体には結構時間がかかるようですね。

 女性のテンションが下がってきたらこのテクを使うんでしょうか…。

 乙武氏はどうやら常人より性欲が強いそうなのでこれは強力な武器ですね。

スポンサーリンク




 乙武さんのゲス行為エピソード!

先ほどの愛人の証言にもあった通り、モテまくっていた乙武さんですが、

過去には不倫以外のゲス行為のエピソードもありました!

◆嫌がる女性に無理やりキス


出典;https://geinou-news.jp/articles/PqkYo

乙武さんは女性と歌舞伎町のホストクラブに行きVIPルームに入りました。

2人っきりになりたかったのか、乙武さんはホストを早々に退席させ、女性と2人になりました。

すると乙武氏は突然女性にキス!女性は乙武氏にまったく恋愛感情を持っておらず、気持ち悪くなり逃げ出したそうです。

無理やりキスされた女性は自ら週刊新潮の記者に暴露したようなので、相当乙武さんのキスが気持ち悪かったんでしょう。

好意を持っていない男性からいきなりキスされたら誰でも気持ち悪いですよね。

モテるがゆえに勘違いしてしまいましたね。

スポンサーリンク

◆事務所に愛人を住まわせる

出典;https://geinou-news.jp/articles/PqkYo

乙武さんは事務所に寝泊まりする時や地方に行く際に、トイレや身の回りの世話をしてもらうために、

スタッフを同行させるそうなのですが不倫相手の女性もそのうちの一人だったそうです。

賃貸無料で事務所に住まわせ、日常生活の世話だけでなく夜の世話もさせていたようですね

ちなみに、愛人の女性からはオトくんって呼ばれていたらしいです。

それにしても事務所に愛人を住まわせるなんて大胆すぎですね。

スポンサーリンク

まとめ

乙武さんのモテる理由が少しだけ分かったような気がしましたが、

 不倫騒動で世間からの乙武さんに対するイメージはガラッと変わりましたよね。

 「五体不満足」を読んだことにある人にとっては、裏でこんなことをしていたなんて衝撃的だったのではないでしょうか。

 もともとが爽やかで熱心な教育者だったので、そのギャップが大きすぎたんでしょうね。

スポンサーリンク




関連記事

SMAPに続きTOKIOも解散する!?ジャニーズ終わりやんww

テレビで見なくなったあやや!現在の姿が悲惨だった…。