これは怖い…手の爪を噛み続けて亡くなった男性がいた!

実は爪を噛むことは危険な行為であることをあなたは知っていたでしょうか?

そんな事実を知らず、手の爪を毎日噛み続けて、亡くなってしまった男性がいました…。

スポンサーリンク




爪を噛み続けた男性とは?

そもそもなぜ人は食べ物のように美味しくもない爪を噛んでしまうのでしょうか?

実は「爪を噛む」という行動は手を口に持っていくことで、安心感が得られるのです。

赤ちゃんが泣いている時に、お母さんのお乳をくわえさせると泣き止むのとほぼ同じような意味ですね。

ですので、緊張していたり、不安になったりすると安心感を求めるために、爪を噛む人が多いのです。

そんな爪を噛む癖を幼い頃から持っていた、イギリスに住む40歳男性ジョン・ガーデナーさん。

彼は生まれてすぐに、糖尿病の診断を受けており、1日に2回は薬を投与しなければならないストレス生活を送っていました。

糖尿病になると様々な不調が発生し、合併症などが起きやすい体になることはみなさんもご存知だと思います。

そしてジョンさんも例に漏れず糖尿病が原因で深刻な心臓疾患を併発し、2011年には再び糖尿病が原因で悪性の潰瘍が発生、足を切断しています。

彼はそんなストレスから四六時中、手の爪を噛んでいたそうです…。

爪を噛み続けた結果…

ジョンさんは、毎日爪を噛んでいたので、どれほど強く噛んでも痛みを感じないほどになってしまいました。

その結果、ある日指先から激しい出血を起こしてしまうのです。

糖尿病を合併していたジョンさんの指は化膿して、感染症を引き起こしてしまいました。

すぐに抗生物質が投与されましたが、結局指は切断せざるを得なかったといいます。

手術は成功し、完治に向かっていたのですが、ジョンさんは誕生日を迎えた数日後、心臓発作で亡くなりました。

死因は、治療が成功したと思われていた指の感染症だったのです。

ジョンさんの母親は…

「彼の死は家族にとって大きな衝撃でした。

彼を救うための方法が何か他にあったのではないかと今でも思います。

彼の大きな苦しみを抱えていました。

本当につらい人生を送っていたのだと思います。」

と語っていました。

死因が「爪を噛んでいたこと」というのは、すごく残念ですよね。

この記事を読んだあなたにも爪を噛むことの危険性が伝わったでしょうか?

もしあなたの周りに爪を噛む癖を持っている方がいたら、この事実を伝えてあげてください。

スポンサーリンク




爪を噛む癖を直す裏技!

爪を噛む行為に限らず長年身についた癖を克服することはとても難しいですよね。

しかし「克服する!」と意識して変えていかないことには一生治りません。

もし自分でこの癖を直したい、もしくは自分のお子さん、恋人に直してほしいと思っている方はこの裏技を使ってみてください。

単刀直入に言うと、「無理やり克服するのが一番早い」です!

その為には…

①爪に何か塗る。

②爪に何か貼る。

③爪に何か被せる。

このどれかを行えば爪は噛まなくなります。というか噛めません

例えば、家にいる時は5本指全部に、テープを貼ったり指サックをしたりといったことで克服していきます。

マニュキュアを塗って噛んだ時に違和感を与えるようにする方法もあります。

また、爪噛み癖を矯正してくれるネイルサロンもありますが、これは最終手段ですね。

爪噛み防止グッズとして、苦味成分が含まれたマニュキュアのような商品も販売されています。

爪を口に含むと苦くて噛みたくなくなるという商品です。

どちらかというと子供向けですが大人の方でも効果はあるそうです。

ネットの反応

◆爪噛んで死ぬとか悲しすぎる…。

◆こんなことあるんだww

◆爪噛む人は大体きもい。

◆直させなかった親が悪いな。

スポンサーリンク




関連記事

頭おかしい!赤ちゃんを電子レンジで温めたバカ親に批判殺到!

ペットの犬が赤ちゃんを噛み殺しちゃった!いや、笑えないって…