頭おかしい!スーツケースに入れられ、捨てられた犬の末路とは?

スペインのゴミ捨て場ーツケースに押し込められた傷だらけのボロボロの犬が発見され、ネットで話題になりました。

誰もが動物虐待を疑ったのですが、まさかの結末が…!

スポンサーリンク




スーツケースに押し込められた犬とは?

なんという動物虐待

と誰もが思うでしょう。

スペイン社会を震撼、怒りを拡散させたのは、この衝撃写真

  

この犬は大怪我をしながら閉じ込められた狭いスーツケースの中で必死にもがいていたそう。

生き延びるために自らが内側から噛んで穴を開けたようです。

こちらが救助された犬↓

体中、傷だらけでひどく出血していますよね。

犯人は飼い主の甥とその恋人!?

救助された犬は、体中だらけで、衰弱していました。

彼を診た獣医は、ひどい動物虐待を疑ったそうです。

スーツケースに犬を押し込むなんて、普通は考えられませんもんね。

しかし、実はこの事件は動物虐待ではありませんでした!

この事件の警察の捜査で浮上したのは、セルヒオ・M・Jという少年彼のガールフレンド。

そしてこの犬は、セルヒオの叔父の大切な飼いラグロスでした。

セルヒオは事件当日、叔父にこのミラグロスを預かるように頼まれていたそう。

自分も犬を飼っているので、犬の面倒には慣れていたセルヒオでしたが、自分が外出している間に、ミラグロスは血だらけで倒れていました。

セルヒオは自分飼い犬と激しいケンカをして、叔父の愛犬が死んだのを悟り、震えたそうです。

この時のセルヒオの心の中は…

「叔父に信頼されて預かったのに、自分の飼い犬がおじさんの愛犬を嚙み殺してしまった!

と衝撃、恐怖、哀しみ、後悔で胸が張り裂けそうになったことでしょう。

その結果、パニックになってしまったセルヒオとガールフレンドは、スーツケースにミラグロスを詰め、家の前のゴミ捨て場に捨ててしまったのです。

確かにこれはやってはいけない行動ですが、パニックになってしまい仕方ないようにも思えます。

しかし実は、ミラグロスの怪我は大したことはなく、命に別状はありませんでした。

やがて、駆け付けた救助隊により、スーツケースに穴を空けられ、ミラグロスは助かったのです。

このニュースは衝撃的な写真とともに、許せない動物虐待のニュースとして、スペインのメディアで報道されました。

誰もが動物虐待と思い込み、怒りをあらわに犯人探しに躍起になったのだとか。

ミラグロスが収容された動物シェルターにはに同情し、引き取りたいという善意の人達が大勢訪れたそうです。

スポンサーリンク




 まとめ

ミラグロスがこのままゴミとして焼却処分されていたら、残酷すぎますよね。

生死の判断は、病院できちんと診てもらうべきですね。

たとえペットが死んでしまったとしても、皆さんはスーツケースに詰めてゴミとして出すなんて、絶対にしないでくださいね。

この事件により、ミラグロスは「命の大切さ」について人々に考えさせました。

彼自身の生命力と運によって、セルシオとガールフレンドの人生大きく変えたに違いありません。

ちなみに、ミラグロスとはスペイン語で、奇跡を意味するそうです

ネットの反応

◆これはないだろ…。

◆パニックになると人間怖いな。

◆助かってよかったね。

◆たしかに犬同士の喧嘩って凄まじいもんね!

スポンサーリンク




関連記事

ペットの犬が赤ちゃんを噛み殺しちゃった!いや、笑えないって…

頭おかしい!赤ちゃんを電子レンジで温めたバカ親に批判殺到!